ジェネリック医薬品とは何なのか

この記事をシェアする

医薬品の成分が異なる

油断しないで服用しよう

従来の医薬品には使われていなかった成分が、ジェネリック医薬品に添加されているかもしれません。
その場合は副作用が起こるケースが見られるので、体調の変化にすぐ気づいてください。
もし副作用の症状が見られたらジェネリック医薬品の服用をやめて、医師に相談してください。
代わりの医薬品を処方してくれるはずです。

それ以上ジェネリック医薬品を服用しなければ、副作用が大きくなることはありません。
病気を治療することはできても、別のトラブルに悩んでしまいます。
全てのジェネリック医薬品が副作用を起こすわけではありませんが、そのような可能性があると覚えておきましょう。
医師からどのような副作用が見られるのか、事前に聞いてください。

肉体や精神に悪影響を与える

副作用が起こると、頭痛や吐き気の症状が出ることが多いです。
無理をしないで、症状を感じたら休んでください。
さらに眠くなったり、集中力が低下するなど精神面に異常が見られることもあります。
前もって副作用の種類について勉強することで、症状が起こった時にすぐ気づけます。
初めてジェネリック医薬品を利用する際は、特に注意してください。

また人によって、症状のレベルが異なります。
大きな症状が出て、動くのも困難になる人がいます。
その反面、軽い症状しか出ず自分で副作用だと気づかない人も見られます。
周囲にジェネリック医薬品の感想を聞くのは良いですが、副作用が出たという意見があっても、自分で試さないとわからないと思ってください。


Topへ
戻る▲